想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
Z-GIS:ヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

徳島県佐那河内村「弘法大師ゆかりの木」植樹へ寄附募集 ふるなび2020年11月29日

一覧へ

ふるさと納税サイト「ふるなび」は11月24日、徳島県佐那河内村のプロジェクト「弘法大師ゆかりの学問の木を植樹したい!」への寄附の受付を開始した。

徳島県佐那河内村「弘法大師ゆかりの木」植樹へ寄附募集 ふるなび

今回の支援は、9月に発生した台風10号により、佐那河内村の神社にある「天一の森」で15メートルの大木が倒れ、神社内施設の一部損壊があった。この大木は、弘法大師が葉っぱを用いて字を勉強した学問の木とされ、学校や寺社に植樹されていた。プロジェクトは、大木の再植樹を含め、災害復旧をめざす。

台風10号の被害を受けた「天一の森」台風10号の被害を受けた「天一の森」

贈答品としても重宝される高級いちご「さくらももいちご」贈答品としても重宝される高級いちご「さくらももいちご」

寄附金は、タラヨウを再植樹するなどの森づくりに使われるとともに、動植物の観察会を開催し、子どもたちに天一の森の豊かさを伝える。また、環境保全にむけ、支障木の撤去や枝打ちを行い、災害からの復旧として、石崖の修繕等に充てられる。

佐那河内村(さなごうちそん)は、徳島県の北東に位置する県内唯一の村。美しい川が流れ、日本最古と言われる棚田の風景はが徳島の穴場スポットとなっている。山間地を利用した、高級いちご「さくらももいちご」、や達磨キウイフルーツ、大川原ネギなどのブランド品や晩生温州ミカン「極(きわみ)」などのみかん、すだちなど農産物の栽培が盛ん。

【ふるなび】

最新の記事

国際衛生SP:パナミエール

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る