想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー・SP・BASF:コテツフロアブル
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

唎酒師の資格認定試験 オンデマンド受講コースに「在宅試験」新設 SSI2021年1月15日

一覧へ

日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)は、自宅で唎酒師の資格認定試験を受験できる「オンデマンド受講コース在宅試験」を販売開始。申し込みから受講、受験、合格認定まで、外出せずに自宅で唎酒師の資格を取得できる。

唎酒師の資格認定試験 オンデマンド受講コースに「在宅試験」新設 SSI

同コースでは、会場で行われた講習会を完全収録。自宅に送る教材酒などを用い、会場での講義を自宅で受けられる。受講期間であれば何度でも繰り返し視聴でき、ライブ感ある動画とは別に、テキストに沿って編集した映像教材も学習支援として用意している。また、オンラインでビデオ中継しながらの在宅試験を新設。試験用の問題用紙や課題酒も自宅に届くため、申し込みから講習会での学習、資格試験まで、すべて外出することなく自宅で完結する。

在宅試験当日はオンラインWEBミーティングシステムを用い、試験官同席のもと厳格に試験を実施。「在宅試験」は、好きな時間帯に一人でオンライン受験する「パーソナル方式」と、同会が指定する時間帯で数人の受験者と合同でオンライン受験する「指定日時定員制」のいずれかを選ぶ。なお、在宅受験はオンラインWEBミーティングシステム「Zoom」を用いる。

料金は、次の通り。
(1)会場試験:一般5万8800円、FBO認定会員2万9400円
(2)在宅試験(指定日時定員制):一般6万7800円、FBO認定会員3万8400円
(3)在宅試験(パーソナル方式):一般7万6800円、FBO認定会員4万7400円

【オンデマンド受講コースの詳細・申し込み】

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る