想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

地域活性化へ取り組み「三浦市産キャベツ」のハンバーグ新発売 石井食品2021年1月22日

一覧へ

無添加調理による加工食品の製造販売する石井食品(株)は、神奈川県三浦市、JA三浦市と連携し、生鮮品であるキャベツの日持ちする加工食品への商品化という地域課題を解決するため、三浦市産キャベツを使ったハンバーグを開発。神奈川県内を中心に2月1日から旬の時期限定で発売する。

神奈川三浦のキャベツを使ったトマトソースハンバーグ ロールキャベツ風神奈川三浦のキャベツを使ったトマトソースハンバーグ ロールキャベツ風

同社は、2016年から生活者と生産者をつなげることをテーマにした「地域と旬」の取り組みを約30の地域で展開。地域の風味を大切にする生産者や地域住民の皆様を応援し、一緒に商品をつくり、消費者に商品の背景を理解してもらったうえで提供することをめざしている。

三浦市産のキャベツ三浦市産のキャベツ

三浦市産キャベツは、神奈川県東南部に位置する三浦半島最南端で栽培され、昼夜の寒暖差があることで甘みが強いのが特徴。三方を海で囲まれ大自然を生かした露地野菜中心の農業が盛んで、潮風が海のミネラル分を畑に運び、葉が厚くなる。栽培方法が確立されたのは昭和40年頃で、41年には国の指定産地になった。傷がつかないように手作業で丁寧に収穫されている。

今回発売される「神奈川三浦のキャベツを使ったトマトソースのハンバーグ ロールキャベツ風」は200円(税別)。1月22日からは三浦市内のスーパー6店舗で先行発売。同社公式サイトでも販売する。

【「三浦市産キャベツ」を使ったハンバーグ 商品サイト】

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る