想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー・SP・BASF:コテツフロアブル
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

和歌山県古座川を巡る 熊野ジビエレストランバス 無料モニターツアー実施2021年1月22日

一覧へ

熊野ジビエレストランバスプロジェクト協議会は、「ジビエ」を中心とした地産地消の地域資源を活かしたオリジナル料理を開発し、地域の新観光資源として定着、熊野エリアの魅力を発信するためレストランバスを運行。2月13日~23日の期間、レストランバスの無料モニターツアーを開催する。

和歌山県古座川を巡る 熊野ジビエレストランバス 無料モニターツアー実施

同事業は、観光庁の実証事業としてモニターツアーを行い、次年度以降の実施をめざしている。モニターツアーでは、ジビエの聖地で、清流古座川を巡って絶景を眺め、地元産ジビエをメインにした地産地消のスペシャルランチを堪能できる。ください。

ジビエは、古座川ジビエ 山の光工房が提供。紀伊山地を母とする広大な森と清流・古座川が育んだ貴重な鹿肉・猪肉を最高のかたちで味わってもらおうと、国内最高水準の食肉管理体制を徹底し、古座川ジビエの高い品質を保っている。

レストランバスモニターツアー実施概要◎レストランバスモニターツアー実施概要
日程:2月13日~2月23日※15日、16日、17日は運休
集合:11時15分 道の駅なち/解散:15時30分 道の駅なち(マイカー利用)(4時間15分予定)
集合:11時40分 JR紀伊勝浦駅/解散:14時45分 JR串本駅(公共交通機関利用)(3時間5分予定)
参加費:無料 (事前申込)
募集人数:各日12人程度※申し込み多数の場合抽選
参加条件:和歌山県内在住者
申込締切:2月5日

【モニターツアー申込】

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る