JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
センターSP:Z-GIS
JA全中中央①PC
ベリマークSC:FMC(SP)センター

和歌山県内の子ども食堂にグルテンフリースイーツを寄贈 築野食品工業2021年1月27日

一覧へ

築野食品工業は、和歌山県橋本市に拠点を置く、(一社)はしっ子えがおサポートのフードバンク事業に協賛。こめ油と米粉の「come×come(コメトコメ)」グルテンフリーシリーズから「ほろほろ手作りクッキー」を、和歌山県内の子ども食堂に寄贈した。

和歌山県内の子ども食堂にグルテンフリースイーツを寄贈 築野食品工業

食品ロス削減はSDGs(持続可能な開発目標)にも具体的な目標として明記されるなど、世界的な社会問題。はしっ子えがおサポートでは、食品ロスの削減や資源の再利用を進めるため、フードバンク事業を展開し、使う予定のない食材や形の悪い野菜など販売できなくなったものを子ども食堂で提供している。

築野食品工業は、2020年10月から食品ロス削減と地域貢献をめざし、出荷期限の制約で販売できない商品の一部を、はしっ子えがおサポートの運営する子ども食堂へ提供。フードロスを減らし、子ども食堂への支援にもなるフードバンク事業に協賛し、継続的にこの取り組みを応援している。昨年12月には、子どもたちにクリスマスプレゼントを渡すイベントを行われ、同社は、子どもが安心して食べられるこめ油と米粉でつくるグルテンフリースイーツ「ほろほろ手作りクッキー」を贈った。

同社は「食糧の安定供給が図れる事業で社会に貢献したい」という創業者の思いで事業をスタート。植物資源の米ぬかの高度有効利用を積極的に進め、未利用・低利用の油脂資源の循環型有効活用につなげている。

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る