Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

コーヒーごみから臭わない鶏糞肥料「ソーシャルプロダクツ・アワード」受賞 縁の木2021年2月16日

一覧へ

珈琲豆焙煎業の縁の木(東京都台東区)は2月12日、畜舎向け事業の四国ケージ(愛媛県四国中央市)と企画・開発した自然派肥料「+Coffee」がソーシャルプロダクツ普及推進協会の「ソーシャルプロダクツ・アワード2021」で審査員特別賞を受賞した。これを記念して、オンラインストアでの販売に加え、大丸東京店、丸井錦糸町のソーシャルプロダクツ・アワード展示に出展。また、4月1日から同製品を軸にした持続可能な循環の輪に参加するカフェを新たに10店舗募集している。

コーヒーごみから臭わない鶏糞肥料「ソーシャルプロダクツ・アワード」受賞 縁の木地域で取り組む持続可能な循環をめざす

「+Coffee」は、特許出願中の技術を利用して、欠点豆や抽出かすなどのコーヒーごみと鶏糞という二つの「いらないもの」から生まれた自然派肥料。養分たっぷりでありながら臭わないため、集合住宅やベランダ、室内でも気軽に本格的な緑のある暮らしを始められる。

コーヒーごみを使った鶏糞肥料「+Coffee」コーヒーごみを使った鶏糞肥料「+Coffee」

商品化にあたっては、クラウドファンディングを行い、2か月で目標に対して135%もの支援を獲得し、試作品の販売と改良を続けてきた。原料となるコーヒーごみは、縁の木が焙煎所を構える東京・蔵前の店舗や住民、福祉作業所の協力を得て回収。持続可能な循環モデルを生み出し、土だけでなく地域コミュニティを豊かにすることをめざしている。

ソーシャルプロダクツ・アワード審査員で(一社)unisteps共同代表の鎌田安里紗さんは「大都会の真ん中で野菜の成長を眺められることは楽しみのひとつですが、植え替え時期になると、鶏糞肥料のつんとした臭いが気になる方もいるかもしれません。『+Coffee』なら、住宅地や都市部でも臭いを気にせずに済むので、ご近所さんにこの肥料をプレゼントできたら、もっと皆で緑のある生活を楽しめるかも、なんて思っています」とコメントしている。

鶏糞肥料「+Coffee」は、縁の木のBASE店舗のほか、ソーシャルプロダクツ・アワード展示販売会購入できる。第1期の2月24日~3月2日は、大丸東京店 9階「イベントスペース」で、第2期は3月5日~14日まで丸井錦糸町店3階「イベントスペース」で開催。

また、「+Coffee」の原料となるコーヒーごみの提供と、できあがった「+Coffee」を販売するカフェ・喫茶店を4月1日から、新規に10店舗募集中。問い合わせは(メール)info@en-no-ki.comへ。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る