Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

小田原市が取り組む「おだわらSDGsパートナー」に認定 伊藤園2021年2月17日

一覧へ

伊藤園は2月12日、神奈川県小田原市が取り組む、持続可能なまちづくりを推進するための「おだわらSDGsパートナー」に認定された。

認知機能の精度を高める機能性表示食品「お~いお茶お抹茶」認知機能の精度を高める機能性表示食品「お~いお茶お抹茶」

「持続可能であること」を課題に市政運営を進める小田原市は、取り組みが評価され、2019年7月に内閣府のSDGs未来都市及び自治体SDGsモデル事業に選定された。SDGsの理念を実現していくためには、それぞれの分野での強みや知見をもった多様なステークホルダーと共に取り組んでいくことが必要不可欠であることから「おだわらSDGsパートナー」制度が設けられ、今回、同社が認定された。

伊藤園グループは、常に「STILLNOW(今でもなお、お客様は何を不満に思っているか)」の精神で、消費者と接することに努めている。この精神を軸に、自然・健康・安全・良いデザイン・おいしいというコンセプトに基づいた製品を開発し、2020年12月には、認知機能が気になる人に向けた機能性表示食品「お~いお茶お抹茶」を発売するなど、社会の課題解決に取り組んでいる。今回の認定により、小田原市のイベントなどでこれらの製品を提供し、周知することで、持続可能な社会の形成と市民の健康をサポートしていく。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る