Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

地方創生SDGs官民連携プラットフォームへ参加 WakeAi2021年2月19日

一覧へ

社会貢献型通販モール、WakeAi(ワケアイ)を運営する(株)WakeAiは、このほど内閣府が運営する「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」への参加が決定。SDGs実現に向けた具体的な活動を行う事業体として、新しいロールモデルとなれる企業をめざす。

地方創生SDGs官民連携プラットフォームへ参加 WakeAi

「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」は、SDGsの国内での実施を促進し、より一層の地方創生につなげることを目的に、広範なステークホルダーとのパートナーシップを深める官民連携の場として、内閣府が設置した。

コロナ禍で経済的打撃を受けた生産者や事業者を支援するために始まったWakeAiは、社会貢献型通販モールとして、多くの支援者ユーザーと、事業者の商品を購入することで「買って応援、食べて応援」を実現。WakeAiの輪を広げている。

コロナ禍で売り先を失った在庫や商品などを、消費者が求めやすい価格で買うと事業者を支援をできるWakeAiのシステムは、SDGs実現のために具体的な活動ができる可能性を多い。同社では、SDGsの達成目標12「つくる責任 つかう責任」で、生産者や事業者が抱える在庫や商品を廃棄することなく販売する場を用意することで、フードロスや食品ロス削減のための支援を行っている。また、同目標1「貧困をなくそう」については、1月に初めてチャレンジした活動「WakeAiフードバンク」で、その問題の大きさを目の当たりにしたことから、今後は「WakeAiフードバンク」の活動を持続可能な形で継続する方法を模索し、具体的な形で貧困をなくす活動に向き合っていく。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る