Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
SP:右上長方形 アリスタライフサイエンス(株)トクチオン乳剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

仙台復興応援プロジェクト開始 菜根たん×アルシェ大宮×ジェイコム埼玉2021年3月1日

一覧へ

農産物の卸・販売(株)Living Rootsが運営するショップ「菜根たん」とアルシェ大宮、(株)ジェイコム埼玉は、東日本大震災の復興事業として、仙台ターミナルビルが3月18日に開業する「JRフルーツパーク仙台あらはま」の取り組みに賛同。今後様々な取り組みで連携する。第一弾として3月5日~7日、菜根たんアルシェ大宮店で、JRフルーツパーク仙台あらはまの「にこにこベリー」を先行販売する。

PR大使に任命された三浦氏(写真左)PR大使に任命された三浦氏(写真左)

仙台出身で東日本大震災を現地で経験した、Living Roots代表の三浦大輝氏が震災から10年の節目にあたり、仙台ターミナルビルがフルーツパークのプロジェクトに込めた「震災を乗り越え、みんなに笑顔を届けたい」という思いに共感し、三社の連携が実現。

「JRフルーツパーク仙台あらはま」の開業に先立ち、三浦氏がPR大使に任命。今回の企画では、アルシェ大宮の「菜根たん」店頭で「JRフルーツパーク仙台あらはま」で収穫された「にこにこベリー」を先行販売し、仙台の農産品を積極的に販売する。また、J:COMが制作した映像をアルシェ大宮壁面の大型ヴィジョンを中心に放映し、プロジェクトのPRも行う予定。この企画を皮切りに今後、新幹線での輸送を含め、仙台との絆を深める様々な取り組みを行う。

菜根たんアルシェ大宮店で先行販売される「にこにこベリー」菜根たんアルシェ大宮店で先行販売される「にこにこベリー」

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る