Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「天空の村」岐阜県・山之村を応援 SDGsオンラインツアー開催2021年3月11日

一覧へ

トイボックス・エンターテイメント(株)は飛騨市と共同で、岐阜県飛騨市神岡町山之村の文化や暮らし・人の魅力に触れるオンラインツアー「【にほんの里100選】地図にない「天空の村」を応援するSDGsツアーを3月21日に開催する。

山之村の風景山之村の風景

同社は、withコロナ時代の新たな地方創生の取り組みとして、オンラインツアーを通して地域と参加者に「関係」を生み出し、地域と多様に関わる「オンライン関係人口」を増やすために活動している。

神岡町の市街地より東に連なる山々の向こう側、標高1000メートルの高原に点在する7つの集落をまとめた山之村は、四方を山に囲まれた秘境で、独自の自給自足の文化が根付いている。一時は過疎化により廃村の危機を迎えたこともありましたが、地元の主婦や地域おこし協力隊などが山之村を元気にしようと奔走している。

山之村の自給自足の生活文化は、古くから続く持続可能な取り組みで、まさに「SDGsの村」。同イベントでは、これまで山之村の人々が作り上げてきた文化や暮らし、住む人々の想いに触れ、山之村に行ってみたい・応援したいと思う人々との繋がりをつくり、イベント参加者による新たな応援によって山之村がより持続可能な地域になるよう取り組む。

同イベントは、鉱山の町として栄え、日本の高度経済成長を支えた神岡町を名物ガイドが案内。旅の後半には、にほんの里100選に選ばれた「地図にない村」山之村を訪問する。かやぶきの民家や全面板造りの伝統的な倉庫「板倉」が残り、日本の原風景に触れることができる。山之村の特産品は、マイナス20度を下回る厳寒の気候だからできる元祖フリーズドライ食品「寒干し大根」。冬になると民家の軒先に大根が玉すだれのように並び、天日干しされる風景が風物詩となっている。この寒干し大根を作る地元の主婦や地域おこし協力隊との交流を通じて、より山之村の魅力を感じることができる。

「にほんの里100選」に選ばれた古き良き日本の景観を楽しめる「にほんの里100選」に選ばれた古き良き日本の景観を楽しめる

<開催概要>
日時:3月21日14:00~17:00

集合時間:13:45 入退出自由

集合場所:パソコン・スマホ・タブレットの端末の画面前

参加費:1000 円(税込)

【申込URL】

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る