Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

DAIZとENEOSが資本業務提携 低炭素・循環型社会の実現に向け協業2021年3月25日

一覧へ

発芽大豆由来の植物肉「ミラクルミート」を開発・製造するスタートアップのDAIZ(株)は、ENEOSホールディングスと資本業務提携を行った。両社はカーボンクレジット化に向けた共同研究や、ENEOSのアセット活用検討などの分野で協業することにより、低炭素・循環型社会の実現をめざす。

ENEOSは、2040年には自社が排出するCO2のカーボンニュートラル実現を掲げ、CO2排出量削減に資する事業の創出に向けスタートアップ等と協業を積極的に推進。協業によるCO2削減量を今般協業する価値取引事業でクレジット化し、それをENEOSが買い取り自社のCO2排出削減量として適用するという、ENEOS環境価値エコシステムの構築をめざす。

一方、DAIZが特許技術「落合式ハイプレッシャー法」を用いて開発した植物肉「ミラクルミート」は、従来の食肉や搾油後の大豆かす(脱脂大豆)由来の植物肉と比較して、製造工程におけるCO2排出量が極めて少ないうえ、肉としての完成度が高いことから余分な添加剤やマスキング(臭み消し)工程が不要となる環境負荷が小さい次世代の植物肉。DAIZは「ミラクルミート」の普及を通じて、SDGsへの貢献をめざしている。

DAIZは、ENEOSとともに「ミラクルミート」の普及によるCO2削減量の見える化(カーボンクレジット化)実証に向けた共同研究を行う。また、フードテック業界では初めて、ENEOSの環境価値取引プラットフォームに参加することで、低炭素・循環型社会の実現に向けた取組みを通じて長期的な企業価値向上に繋げていく。

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る