Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

食品の品質を数字で証明「成分分析ブランディング」リリース2021年4月2日

一覧へ

dot science(株)は4月1日、食品の品質を科学的に数字で証明するサービス「成分分析ブランディング」をリリース。“相場より高く売ろう”をキャッチコピーに、こだわりのある生産者が「相場より高く売ること」を応援する。

食品の品質を数字で証明「成分分析ブランディング」リリース

同社は、シェフ、マーケター、科学者を中心に構成された食の領域の課題解決に取り組む専門家集団で、よいものをつくる農畜水産の生産者を応援している。「成分分析ブランディング」は、自社と他社の食品の品質を数字で比較することで品質の差を見える化し差別化を実現する試み。同社在籍の研究者が大学と連携することで、自社と他社の食品の品質を、数字で比較したレポートを納品。他社と比べて優れた品質を証明することで、食品のブランド価値を向上。「高く売る」ことをサポートする。

その効果を検証するための事例として、プロデュースした横田園芸の食用バラ「YOKOTA ROSE」は、一般流通する食用バラと比べて、香り高さが約3840倍であることを証明。その結果、相場の35倍の価格で新しい販路の開拓に成功した。他にも餅のブランド「THE OMOCHI」と干物のブランド「アタラシイヒモノ」を、生産者と共同開発し、いずれも相場の5倍の値付けを実施。品質が高い食品を、適正に高く売ることを実務を通じて学習しながら、成分分析ブランディングのサービスづくりに取り組んでいる。

【成分分析ブランディングの公式Webサイト】

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

イソクラスト:SP

原発処理水海洋放出

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る