Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

食品ロス削減へ 大垣商工会議所と連携協定を締結 クラダシ2021年4月8日

一覧へ

社会貢献型ショッピングサイト「KURADASHI」を運営する(株)クラダシは、岐阜県大垣市の大垣商工会議所と食品ロス削減に向けた連携協定を締結した。同社が商工会議所と連携協定を結ぶのは初めて。同連携協定締結を受け、両者は地域の食品ロス削減に向けた取り組みを始める。

全国の商工会議所で初の連携を結んだ大垣商工会議所の田口義隆会頭(左)とクラダシの関藤竜也社長全国の商工会議所で初の連携を結んだ大垣商工会議所の田口義隆会頭(左)とクラダシの関藤竜也社長

クラダシは、賞味期限の切迫や季節商品、消費可能でありながら通常の流通ルートでの販売が困難な商品を買い取り、ショッピングサイト「KURADASHI」で販売することで食品ロスの削減に取り組んでいる。また、売り上げの一部を社会貢献活動団体へ寄付するなど、様々な社会課題の解決に向けて事業を展開。これまで、全国の市区町村や都道府県と公民連携協定を締結してきたが、商工会議所との提携により、地域内の食品関連事業者へのアプローチをさらに強化する。一方、大垣市は、大企業や高度な技術力を有する中小製造業などが集積しており、「ものづくりのまち」として、日本を支える重要な役割を担っている。

今回の連携により、地域内の食品メーカーなどで発生する食品ロスの削減と、消費者への食品ロス削減に関する普及啓発や、フードバンク団体の活動支援などを実施。また、5月には地域内事業者へのKURADASHI導入セミナーを行う。

<KURADASHI導入セミナー概要>
日程:5月13日15:00~16:00

開催方法:オンライン会議ツール(Zoomを使用)

内容:KURADASHIの概要・導入メリット・出品までの流れなどの説明

補足:大垣商工会議所の会員で、KURADASHIを導入した事業者には、次の特典がある。
【特典】
(1)KURADASHIの「大垣市特集」に商品を掲載し大きくPR
(2)対象事業者の商品限定で利用者にクーポンを発行し、販売促進

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る