Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
全農ビジネスサポート:センター上:SP

組合員からの「声」をまとめた報告集 UCDA認証「見やすいデザイン」取得 コープ共済連2021年5月14日

一覧へ

コープ共済連が毎年発行している、組合員からの声や改善内容をまとめた報告集「組合員の大切な声」が、4年連続でユニバーサルコミュニケーションデザイン協会が認定するUCDA認証「見やすいデザイン」を取得した。

「組合員の大切な声」報告集2021「組合員の大切な声」報告集2021

5月に発行した『「組合員の大切な声」報告集2021』は、1ページあたりの情報量や文字フォント、色合いなど手にとる全ての人に読みやすい紙面づくりを心掛け、同認証を4年連続で取得。「組合員の声」は、生協の事業にとって貴重な助言となっており、寄せられた「組合員の声」に対して誠実で迅速な対応を心掛け、CO・OP共済の改善につなげている。

UCDA認証「見やすいデザイン」は、「情報量」「タイポグラフィ(文字)」「色彩設計」の3要素が審査基準となり、UCDA理事、認定評価員から認証を付与されるもの。UCDAは、産業・学術・生活者の議論によって「わかりやすさ」の基準を策定。情報コミュニケーションが生活者にとって「見やすく、わかりやすく、伝わりやすい」デザインになっているかを評価・認証する第三者機関。

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

農協時論

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA全農・部長インタビュー:2021年度事業計画

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る