Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

廃棄農産物を活用「壱岐焼酎」がベースのクラフトジン 8月に限定発売2021年6月15日

一覧へ

壱岐の蔵酒造株式会社(長崎県壱岐市)は8月10日、高級温泉旅館「壱岐リトリート 海里村上」と共同で「壱岐焼酎」をベースとしたクラフトジン「JAPANESE IKI CRAFT GIN KAGURA」を200本限定で発売。廃棄される壱岐島の農産物を活用し、両社が取り組んだクラウドファンディングで目標の200%達成した。

壱岐の蔵酒造壱岐の蔵酒造

コロナ禍で冷え込む壱岐の経済を打開しようと両社で結成したクラウドファンディングのプロジェクトチームは、世界に誇る「壱岐焼酎」を知ってもらうきっかけとして、「壱岐焼酎」をベースに壱岐の農産物をボタニカルに使用した、クラフトジンの製造を始めた。"和食に合うクラフトジン"を造るため、クラウドファンディングで、壱岐の特産物とのペアリングパックを販売。当初の目標支援額100万円を達成し、再設定した目標支援金額200万円も達成した。

壱岐の廃棄農産物を活用した「JAPANESE IKI CRAFT GIN KAGURA」壱岐の廃棄農産物を活用した「JAPANESE IKI CRAFT GIN KAGURA」

各地に「クラフトジン」がある中、壱岐らしさを出すために、ボタニカルの選定を行う中、壱岐島でも味・品質には問題はないものの、形やわずかな傷、二次加工に人手が足りないなどで、丹精込めて育てた農作物が大量廃棄されている現状を知り、クラフトジンに有効活用することを思いついた。

「JAPANESE IKI CRAFT GIN KAGURA」( 2750円・税込)は、壱岐焼酎に壱岐産のボタニカルを漬けたベースに、それらを配合し蒸留して造る、麦焼酎発祥の地 壱岐ならではのクラフトジン。味の配合やボタニカルの選定は共同で行い、「壱岐リトリート 海里村上」の料理長とソムリエが監修した。苺のフルーティな香りの中に、キレのある柑橘の香り、スパイシーさもあり和食に合う味わいのジンは、ロックやソーダ割にして、煮つけ、天ぷら、焼肉、刺身などと一緒にマリアージュを楽しめる。販売本数は200本限定。来春には、JAPANESE IKI CRAFT GIN KAGURAの第二弾を予定している。

【壱岐の蔵酒造】

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る