Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

三井住友銀行とフードロス削減・SDGs実現に向け連携を強化 クラダシ2021年7月6日

一覧へ

社会貢献型ショッピングサイト「KURADASHI」を運営する株式会社クラダシと、三井住友銀行は、SDGs実現に向けた連携を強化。同行の従業員がさらなるフードロスの削減や社会貢献できる新たな取り組みを行う。

三井住友銀行とフードロス削減・SDGs実現に向け連携を強化 クラダシ

クラダシと三井住友銀行は、災害時用備蓄食糧のシェアリングの開始など、フードロス削減に向けて共に取り組んできた。今回は、さらなる連携強化策として、三井住友銀行がフードロス削減・社会貢献等、SDGs実現に向けた従業員の参加・啓発を推進するにあたり、クラダシが専用サイトを通じて後押しする。

専用サイトは、7月1日から三井住友銀行の従業員に公開。従来のKURADASHIサイトと同様に、購入金額の一部が社会貢献団体に寄付される。専用サイトの情報は三井住友銀行の社内SNSやイントラネット上で配信され、従業員がフードロス削減に寄与する食品などの購入を通じて、より気軽に社会貢献に参加できるようになった。

KURADASHIは、フードロス削減に賛同するメーカーから協賛価格で提供を受けた商品を最大97%OFFで消費者(会員)へ販売し、売り上げの一部を社会貢献活動団体へと寄付する社会貢献型ショッピングサイト。環境保護や動物保護の団体、クラダシ基金など、様々な団体を支援している。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る