Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

植物肉「Green Meatシリーズ」パレスホテル東京で採用 グリーンカルチャー2021年7月6日

一覧へ

フードテックベンチャー、グリーンカルチャー株式会社(東京都葛飾区)の植物肉「Green Meatシリーズ」が、パレスホテル東京(東京都千代田区)のオールデイダイニング「グランド キッチン」で採用され、「Green Meatシリーズ」をつかったメニュー「ボロネーゼ」が7月1日から提供されている。

パレスホテル東京 で提供される「プラントミート スパゲティ ボロネーズ」パレスホテル東京 で提供される「プラントミート スパゲティ ボロネーズ」

パレスホテル東京は、世界的に加速するSDGsの潮流のなか、エシカルで美味しい食材として「Green Meatシリーズ」を採用。新たに加わったメニューの「プラントミート スパゲティ ボロネーズ」は、植物肉を使いながら、ミートソースらしい食感と香り、味や見た目に仕上がるよう、材料や調理方法を工夫している。また、コロナ禍がおさまった後で復活が期待される海外要人客やインバウンド客によるプラントベース需要にも応える同メニューは、ホテルに求められる「ホスピタリティ」の観点からも、植物肉とホテルの親和性は高いといえる。「プラントミート スパゲティ ボロネーズ」は2670円(サービス料10%・税込)。

植物肉の「Green Meatシリーズ」は、4月に外食事業者向けに販売を開始。大豆たんぱくなどを原料とした動物性原料不使用の植物肉で、ミンチ状のため畜肉のように様々なレシピに使うことができる。すでに、都内のラーメン店「麺屋武蔵」の「プラントベース角煮ら~麺」でのコラボや、東京・麻布十番の高級レストランが採用。また、北米をはじめ海外へも輸出され、今春にはマカオへの輸出が決定しており、欧米豪諸国への輸出も計画している。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る