JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMC(SP)トップバナー
ベリマークSC:FMC(PC)センター
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

農作物のフードロス対策へ デザイン性高い無人直売所 「Petitmarket」発売2021年7月16日

一覧へ

A.P.M(群馬県前橋市)は7月1日、農作物のフードロス対策を促すデザイン性の高い無人直売キット「Petitmarket」を発売した。

LEDライトが灯る夜間の様子LEDライトが灯る夜間の様子

規格外品や売れ残った農作物がフードロスとして社会課題となる中、同社は、道路脇などに設置される「無人直売所」に着目。農家による直売を支援することで規格外品や不揃い品の流通を促し、フードロス対策や地域経済の活性化を目指す仕組みを考案した。

無人直売キット「Petitmarket」は、折りたたんで運べる無人直売所。キットを立ち上げ、反対側に折り返して、ネジを使って各部分を止めるだけで無人直売所ができあがる。特別な工具は使わず1人でも10分あれば組み立てられ、10分で解体できる。屋外でも屋内でも使え、キットの足元にオモシや土のうなどを入れて安定を図り、地面の凹凸に合わせて底面のアジャスターを調整。夜間はLEDライトを使用する。

一般的な直売所とは一線を画す外観が目を引く無人直売キットは、デザインオフィスnendoとの共同開発でつくられた商品。本体のキットだけでなく、オプションのコイン入れ・ゴミ箱、専用黒板、専用S字フックなど全てデザインされている。「Petitmarket(無人直売キット)」は、木材製でナチュラル・ブラック・グレー・ブラウンの3色。本体Sサイズ(8万6900円)、同Mサイズ(9万4600円)、同Lサイズ(10万3400円。いずれも税込。

【Petitmarket(無人直売キット)】

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る