Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:サンケイコテツベイト
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

和歌山のイノシシを有効活用 害獣問題へフランス料理人が「ジビエパイ」考案2021年8月4日

一覧へ

和歌山県有田川町のフランス料理店「ナチュラルガーデン」は、和歌山の上質な猪を使った「ジビエパイ」を考案。クラウドファンディング「CAMP FIRE」のプロジェクトで7月31日から販売している。フレンチシェフが、深刻化する獣害問題で食品ロスとなるイノシシ肉を使ってジビエのおいしさを発信する。

和歌山のジビエ肉がぎっちりつまった「ジビエパイ」和歌山のジビエ肉がぎっちりつまった「ジビエパイ」

和歌山県は害獣による農業被害が深刻化しており、毎年約2万頭を超えるイノシシが捕獲されているが、その10%も市場に流通していない。そこで、「厄介者のイノシシを有効活用し、地域活性化に役立てられないか」と考案したのが地産地消の「ジビエパイ」だ。

低カロリー・高タンパクで栄養価が高いジビエ肉は、ヨーロッパでは伝統的に貴族料理に使われてきた高級食材。中でも「わかやまジビエ」は、肉質格付け制度をクリアした一級品で、温暖な気候により適度な脂肪を蓄えつつ、豊かな自然を走り回ることで身が引き締まっている。厳格なガイドラインにのっとり新鮮な肉を瞬時に処理するため、臭みもまったくない。

フランスのミシュラン三つ星店で修行し、フランス料理人にとって最高勲章の「ディシプル」の称号を持つ前川和宏シェフが作る「わかやまジビエパイ」は、ほどよい脂が乗ったジビエ肉を、フランス料理の技法でアレンジ。地元産の濃厚なトマトと原木しいたけを用いて赤ワインやデミグラスソースで味つけ、クスクスとクミンで軽いカレー風味に仕上げたイノシシのジビエ肉をパイにぎっちりと詰め込んだ。

クラウドファンディングのリターンは、「ジビエパイ4個セット」「スープ3種 + ジビエパイ2個」のほか、「オリジナルスタッフTシャツとジビエパイのセットや、有田川町産の季節野菜セットとジビエパイのセットなどを用意している。

和歌山のイノシシを有効活用 害獣問題へフランス料理人が「ジビエパイ」考案

【「仏ミシュラン三ツ星店で修行したシェフ渾身の「わかやまジビエパイ」を届けたい!」】

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る