JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMC(SP)トップバナー
JA全中中央①PC
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

「鹿肉」を手軽に「宮崎プレミアムジビエシュウマイ」新発売 美郷ジビエ工房2021年8月24日

一覧へ

野生有害鳥獣を資源として有効活用することで地域活性化を図る「美郷ジビエ工房」(宮崎県東臼杵郡)は、ヘルシー食材として人気の鹿肉を使った「宮崎プレミアムジビエシュウマイ」を新発売。鹿を素早く解体・加工しマイナス30度まで急速に冷凍することで、臭みのないプリプリなシュウマイに仕上げた。

「鹿肉」を手軽に「宮崎プレミアムジビエシュウマイ」新発売 美郷ジビエ工房

「ジビエは臭い」というイメージを払拭するため、鮮度を徹底追求した「宮崎プレミアムジビエシュウマイ」は、鹿肉をもっと身近に感じてもらえる商品として企画。生命力あふれるたっぷりの旨みだけを感じられるよう、独自の処理により臭みはなく、鹿肉ならではの弾力を生かした、普通のシュウマイとは一線を画し、鹿肉の弾力を生かしたぷりぷりとした食感のシュウマイで、地元産の椎茸も使っている。

「美郷ジビエ工房」は、ジビエを使ったメニューを幅広く提供することをめざし、2019年に誕生。農業が盛んな美郷町で作物に深刻な被害をもたらす鹿や猪は、これまで捕まえて埋却処理されていたが、食べるための資源として有効利用する方向へと大きくシフトした。SDGsにも貢献できる事業として拡大している。

宮崎プレミアムジビエシュウマイ宮崎プレミアムジビエシュウマイ

美郷ジビエ工房では鮮度を徹底的に追求し、「止め刺し」から2時間以内に、専任スタッフが迅速に解体し精肉へ加工。その後、一気にマイナス30度まで冷凍するため、臭みのない、旨みのみをギュッと閉じ込めたジビエを届けることができる。

鹿肉は、野性味たっぷりの味わいに加え、高タンパク・低脂質なのも大きな魅力で、アスリートや、筋トレ、ダイエット中にもおすすめの食材。「宮崎プレミアムジビエシュウマイ」は、コロナ禍で食生活を見直す人にも鹿を手軽に食べることができる。

【「美郷ジビエ工房」オンラインショップ】

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る