Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

国産ジビエの外食産業向け販路開拓・拡大へ支援開始 インフォマート2021年9月3日

一覧へ

国内最大級のフード業界向けプラットフォームを運営するインフォマートは、日本フードサービス協会と連携し、「国産ジビエ認証制度」等の認証を取得した食肉処理施設から全国の飲食店向けに供給される安全安心なジビエの販路拡大とプロモーション活動の支援を始めた。

「BtoBプラットフォーム 商談」上の「ジビエ特集」ページ「BtoBプラットフォーム 商談」上の「ジビエ特集」ページ

ジビエは低カロリーで栄養価の高い食材だが、飲食店からは「取扱いが難しい」「高価」などのイメージが強く、専門店以外には広がりにくい。また、ジビエを取り扱う飲食加工流通業者、食肉処理業者では、コロナ禍で販売機会が減少。展示会の中止など新規の取引先開拓も難しくなっている。一方、農林水産省は、農業被害の防止のために捕獲した鳥獣をジビエなど地域資源として利用し、農山村の所得に変える取り組みを進めている。

同社は、より安全なジビエの提供と消費者のジビエに対する安心の確保を図るために制定された「国産ジビエ認証制度」等の認証を取得した食肉処理施設の販路開拓・拡大を目的としたプロモーション活動を日本フードサービス協会と共同で支援。具体的には、同社の「BtoBプラットフォーム 商談」上に「ジビエ特集」ページを開設し、オンライン商談の活用とオンライン展示会への出展を促進。買い手である全国の飲食店に商品を直接訴求する場を提供する。さらに、飲食店のメニュー開発のヒントとなる「レシピマート」でジビエのレシピを掲載。ジビエを利用したメニュー開発や、新たな具材・商材の発掘に繋げる。

【BtoBプラットフォーム 商談】

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る