Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

ロスフード食材を活用した「ケーク サレ」パレスホテル東京で発売 フードロスバンク2021年9月8日

一覧へ

株式会社FOOD LOSS BANK(フードロスバンク)は、パレスホテル東京とコラボレーションし、廃棄予定だったロスフード食材を用いたホテルメイドの「ケーク サレ」を9月8日からパレスホテル東京地下1Fの「スイーツ&デリ」で販売する。

廃棄予定の野菜を活用した「ケーク サレ」廃棄予定の野菜を活用した「ケーク サレ」

フードロスバンクは、コロナ禍でさらに増え続けるフードロス問題を解決すため2020年9月に設立。「多様性を尊重し」「循環性があり」「持続可能である事」この3つを軸に活動している。今回は、環境保護や社会貢献活動などに積極的に取り組むパレスホテル東京とのコラボで、味に問題はないが、見た目の不揃いや、流通規格に合わずに農家が廃棄を予定していた野菜を活用し、惣菜感覚で楽しめる「ケーク サレ」を発売する。

「ケーク サレ」(850円・税込)は、廃棄予定だった野菜とともに、リッチな味わいのコンテチーズやベーコン、サンドライトマトとブラックオリーブを合わせて具沢山に仕上げた。キッシュのように食事代わりになり、オーブントースターで温めて手軽な朝食としても、ワインのお供としても楽しめる。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る