Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMC(SP)トップバナー
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

「世界食料デー」月間の10月に「規格外商品」を特集 産直アウル2021年10月14日

一覧へ

農畜水産物の産直サービス「OWL(アウル)」は、「世界食料デー」の10月16日から産直アウルの公式ホームページで「規格外商品」の特集ページを開設。また、10月16日~31日の売上の一部を、食料支援団体を通して、飢餓に苦しむ子どもたちを救うための給食支援の寄付に当てる。

「世界食料デー」月間の10月に「規格外商品」を特集 産直アウル

「世界食料デー」は、国連食糧農業機関(FAO)が1945年10月16日に創設されたことを記念し、毎年この日を世界の食料問題を考える日として、国連が1981年に定めた。日本では2008年から10月を「世界食料デー」月間と定め、飢餓や食料問題について考え、解決に向けて行動する1か月となっている。

産直アウルは農林水産省が推進する国産農林水産物の消費拡大に向けた国民運動「フード・アクション・ニッポン」のパートナーとして、「食べるが力になる2週間」を実施。型落ち品、新古品、展示品処分、傷物、不揃いサイズなどにより通常の販売ルートでは流通されない規格外商品や、見た目だけが問題で、品質や味は問題がない「わけあり商品」を産直アウルでピックアップし、特集ページを開設する。また、期間中の売上の一部を飢えに苦しむ世界中の子どもたちを支援するために食料支援団に寄付。1回の利用につき「20円」を寄付に当てる。

【10月は世界食料デー月間 私たちにできること】

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る