JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:シグナム
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

楯の川酒造初の「白麹」使用「楯野川 2022 寅 干支ボトル」限定販売2021年10月20日

一覧へ

楯の川酒造(山形県酒田市)は、新年の縁起酒として干支を描いた純米大吟醸「楯野川 2022 寅 干支ボトル」を11月11日から数量・期間限定で販売。楯の川酒造では初となる「白麹」を使い、新たな味わいに挑戦した。

楯野川 2022 寅 干支ボトル楯野川 2022 寅 干支ボトル

2022年の干支は「寅」。干支ボトルは、金色と赤色をベースに新年の門出を祝うにふさわしい華やかな色合いで、デザインには、寅と流麗な珠に日本の伝統的な柄をあしらった。豪華できらびやかな干支ボトルは、新年を祝い、福を招く「縁起酒」におすすめ。

干支ボトルのお酒は、楯の川酒造で初めての「白麹」を使用した純米大吟醸で、飲む人の新たな挑戦を後押しする思いを込めている。酸味のある味わいや柑橘系の香りが特徴的な白麹仕込みで、吟醸香は控えめだが、単なるすっきり系ではなく、甘さをしっかりと残した「楯野川」らしい酒質をめざした。甘味と酸味が同時に感じられる新感覚の日本酒となっている。柑橘類を絞って食べる料理や、味や旨味の濃い料理、甘みの強い食べ物など、酒質と近い系統の味を掛け合わると相性抜群で、甘みの強いチョコレートもおすすめのペアリング。「楯野川 2022 寅 干支ボトル」(720ml/2750円・税込)は現在、特約店と公式オンラインショップで予約を受け付けている。

【楯野川 2022 寅 干支ボトル】

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る