BASFヘッドSP:シグナム
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

海老名に「フードレスキューセンター」2022年4月新設 オイシックス・ラ・大地2021年11月15日

一覧へ

食品のサブスクリプションサービスを提供するオイシックス・ラ・大地は、サステナブルな事業活動を推進しフードロス削減を目的とした「フードレスキューセンター」を2022年春に、神奈川県海老名市に新設する。

「フードレスキューセンター」で実現できること「フードレスキューセンター」で実現できること

同社は、2020年11月に発表したグリーンシフト戦略の中のひとつ、フードロスの削減に取り組んでおり、2022年3月に移転完了予定のORD海老名ステーションに生鮮食品を加工する設備を新設。フードロス削減に特化した「フードレスキューセンター」へ刷新する。食材の食感・保存のコントロール技術を用い、産地や流通過程で生まれていたフードロス削減のほか、アップサイクル加工などが実現でき、より一層、フードロスの削減が可能となる。「フードレスキューセンター」は2022年4月に本稼働を予定しており、2025年には年間1000トンのフードロス削減達成をめざす。

「フードレスキューセンター」では、流通過程で発生するフードロス削減以外に、可食部以外の食材への加工(アップサイクル)も実現。規格に準じた青果のほか、ふぞろい食材の加工も柔軟に対応でき、青果の積極的な仕入れが可能になり、豊作時の食材もスムーズにカットや加工原料にできる。また、食感・保存コントロール技術により、非可食だった食材の部位の加工が可能になり、アップサイクル商品(Upcycle by Oisix)に使用できる食材が拡大。食べられていなかった食材に新たに価値をつける商品の開発を加速する。

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る