人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
日本曹達 231012 SP

フードロス削減・循環型農業の実現へ 石垣市、ロート製薬、クラダシが連携協定を締結2022年1月26日

一覧へ

フードロス問題の解決に取り組む社会貢献型ショッピングサイト「KURADASHI」を運営する株式会社クラダシは、沖縄県石垣市、ロート製薬と3者で「石垣市におけるSDGsの推進に係る食品ロス削減及び特産品のPRに向けた連携協定」を締した。

フードロス削減・循環型農業の実現へ 石垣市、ロート製薬、クラダシが連携協定を締結

連携協定を締結したロート製薬の山田邦雄会長、石垣市の中山義隆市長、クラダシの関藤竜也社長(左から)

クラダシは、地域経済の活性化や社会発展にも取り組み、社会貢献活動を行うために創設した「クラダシ基金」を活用し、社会貢献型インターンシップ「クラダシチャレンジ」を実施。地方創生やフードロス問題に興味がある学生を、人口減少・少子高齢化により人手不足に悩む地方農家へ派遣している。

一方、ロート製薬は、食事業において、2013年にアグリファーム事業部を立ち上げ、グループ会社である農業生産法人・有限会社やえやまファーム(沖縄県石垣市)で畜産・農産、加工販売を通して循環型農業、六次産業化に取り組んできた。石垣島の自然と共存し、家畜の糞尿からたい肥を作り、野菜や果物を栽培。それをまた家畜の飼料にする循環型農業を通じて、石垣島の環境にもやさしく、一人ひとりの健康に食から貢献することを目指している。

石垣市は、2020年8月に策定された「石垣市SDGs未来都市計画」で、観光客や市外在住者向けの石垣ブランド商品だけでなく、市民向けの農産物の生産と流通の推進、地産地消の普及啓発、給食での活用に向けた生産体制を構築。台風など厳しい自然環境に対してもレジリエントな農業生産体制の構築等により、農産物生産額の向上を図ることを定めている。

農業や地域の抱える課題の解決に取り組む3者が連携することで、フードロス削減や循環型農業の実現を目指し、石垣市にてそれぞれが持つリソースを最大限に活かした取り組みを推進。第一弾の取り組みとして、7月に、未収穫残となっている作物の収穫支援によるフードロスの削減や関係人口の増加、地域の魅力PRなどを目的に、やえやまファームで栽培された、日本で唯一の農薬を使わない有機パイナップルの収穫を行う社会貢献型インターンシップ「クラダシチャレンジ」の実施を予定している。

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る