秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

初のリアルイベント「産直アウル マルシェ」有楽町で開催2022年4月11日

一覧へ

農畜水産物の産直サービス「産直アウル」は4月16日と17日の2日間、東京有楽町にある東京交通会館で開催されている「交通会館マルシェ」の会場一部を貸し切り、全国各地から15の産直アウル登録生産者が旬の食材を出品・販売する。

初のリアルイベント「産直アウル マルシェ」有楽町で開催

今回マルシェに参加する登録生産者15軒のうち、6軒の登録生産者が来場し、ブースで販売する予定。また、サンプリングエリアでは5軒の生産者の食材を試食として配布し、来場特典として産直アウルマルシェ内や公式サイトで使えるクーポンを配布する。

同社が、2021年9月に実施した調査によると、産地直送通販サイトを利用していない人からは「どのくらいの量が届くかわからない」「量が多そう」という声が多く、他にも「本当に美味しいのか分からない」「食材の選び方が難しそう」という声があった。一般消費者にとって「産地直送通販サイト」は、スーパーでの購入に比べ、量が多いため初回購入のハードルが高いことがわかった。

一方、同時期に産直アウルユーザーに行ったアンケートでは、「利用する中で量が多いと感じるか」聞くと、69%が「感じない・あまり感じない」と回答。この結果から、未利用者と利用者の間で生じているギャップを埋めるために、少量から食材を試せる機会としてマルシェを開催する。今後は全国各地で展開を予定。

◎マルシェ開催概要

開催日:4月16日、4月17
開催時間:11:30~17:30
開催場所:東京交通会館 1階ピロティ(JR有楽町駅 徒歩1分)

<来場特典>
(1) 産直アウルマルシェ内で利用可能な「100円オフクーポン」※条件:300円以上の購入
(2)産直アウル公式サイトにて利用可能な「200円オフクーポン」※条件:初回購入&1000円以上購入で利用可能

【産直アウルマルシェ】

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

クミアイ化学右カラムSP

注目のテーマ

注目のテーマ

住友化学右正方形SP:2023

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る