2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCトップSP:育苗箱混合剤
JA全中中央①PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

ウクライナ支援へリンゴ発泡酒の特別商品販売 山形県の「奥羽自慢」2022年4月12日

一覧へ

ウクライナで避難生活を送る子どもたちを支援しようと、山形県鶴岡市の酒造会社「奥羽自慢」は、同社で扱うリンゴの発泡酒「HOCCAシードル ウクライナ支援特別バージョン」を製造し、4月12日から1000本限定で販売を始めた。売上金から送料と酒税分を除いた全額をユニセフのウクライナ緊急募金に寄付することにしている。

ウクライナ支援に向けて限定販売される「HOCCAシードル ウクライナ支援特別ver」ウクライナ支援に向けて限定販売される「HOCCAシードル ウクライナ支援特別ver」

同社は、山形県酒田市の酒造会社「楯の川酒造」のグループ会社。醸造責任者の阿部龍弥さんが、ロシアによるウクライナ侵攻で子どもの難民が430万人に上っていることをニュースで知り、同社が販売するリンゴの発泡酒「HOCCA」を通して支援することを発案したという。

今回限定で販売する「HOCCAシードル ウクライナ支援特別ver」は、山形県産のりんごを原材料とし、ウクライナの国旗をイメージしたデザインと、英語で「ウクライナのために祈る」との文字が記されたステッカーが貼られている。750ml入りで1本1650円(税込み)で販売を始めた。

発案した阿部さんは「私にも3人の子どもがおり、同じ地球上で当たり前の日常が奪われる現状をニュースで目の当たりにし、もどかしい日々を送っていました。紛争による避難を余儀なくされた子どもたちに、少しでもできることがあれば行動したいとの思いで企画を立ち上げました」とコメントしている。

限定販売される製品は、以下のリンク先一覧の酒販店で取り扱っているほか、ECサイトを使った販売も準備している。

【取扱酒販店】

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る