2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCトップSP:育苗箱混合剤
JA全中中央①PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

産直売場をAIで管理「デジベジ」サービス提供開始 グッド・アグリテクノロジーズ2022年4月19日

一覧へ

グッド・アグリテクノロジーズ株式会社は、AI機能のあるカメラ付きIoT端末で農産物直売所の状況把握や販促活動などを自動で行う「デジベジ(DX for Fruits and Vegetables)」のサービス提供を開始した。

「デジベジ」の仕組み「デジベジ」の仕組み

「デジベジ」は、生産者が直接、生産物を持ち込む農産物直売所や産直売場にAI機能を持たせたカメラ付きIoT端末を設置することで、既存のシステムでは難しかった売場全体の状況把握や出荷依頼調整、販売促進活動などを自動で行えるサービス。設置するAIは店舗と共同で永続的に学習をさせることで、店舗独自の強いAIを創り上げる。

出荷生産者は定期的に送られてくる売場状況メールのほか、専用アプリにアクセスすると売場の写真や推移グラフを見ることができる。また、生産者に対して作付け・生育状況のヒアリングを自動で行うため、作付け状況にあわせた個別の出荷依頼もでき、売場最適化の頼れるアドバイザーとして店舗の売上向上に貢献する。InstagramやTwitterなどのサービスと連携すれば、売場の状況を自動で発信するツールとしても活用できる。

また、独自開発の青果物識別AIが売場の状況を自動で報告。店舗のスタッフが電話やメールなど個別に行っていた作業を自動化することで、作業負担や人件費を抑えることができる。また、データを蓄積することで、未来の販売予測が可能となり生産者に向けた作付け計画の最適化にも活用できる。初期費用はかからず、月々数万円から導入できるプランを準備している。

【グッド・アグリテクノロジーズ】

最新の記事

シンジェンタ右上長方形:SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る