おきなわ50年バナーPC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ナリアWDG
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

再生紙とたまごの殻を再利用 環境にやさしい包装資材を導入 JA全農たまご2022年4月22日

一覧へ

JA全農たまごは、JA全農、日本モウルド工業、ベジテック、SAMURAI TRADING、グリーンテクノ21と共同で、卵の殻を再利用した包装資材などを開発。4月21日から、環境配慮の取り組みの一環として、たまご商品に使用するモウルドパックの一部を、新たに卵殻を10%以上配合した仕様へ変更した。

パック裏天面の案内パック裏天面の案内

海洋プラスチックごみ問題、気候変動問題等への対応を背景に、世界的に脱プラスチックの流れが進み、国内でも、レジ袋の廃止や紙袋への切り替え、使い捨てストローの廃止などの動きが活発化。「プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律」が4月に施行される。

卵殻配合モウルドパック(茶色・6個入)卵殻配合モウルドパック(茶色・6個入)

モウルドパックは古紙をリサイクルした素材で、自然界に流れ出しても自然に還りやすい特徴で注目されている。JA全農たまごなど6者は、環境への配慮のため、食品工場で廃棄される卵殻を再利用し、モウルドパックに配合することで、より環境にやさしい包装資材を開発した。これにより、SDGs17の目標の「12. つくる責任 つかう責任」「13. 気候変動に具体的な対策を」「14. 海の豊かさを守ろう」の達成へ貢献する。

最新の記事

コルテバ・リンズコア右上長方形:SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る