2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオサイエンスヘッドSP:ネマトリンエース
FMCセンターPC:ベネビア®OD
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

営農型ソーラーシェア 東松山市内に再生可能エネルギーの実証施設を開発 東急不動産2022年4月28日

一覧へ

東急不動産は、ソーラーシェア事業実証パートナーとしてエクシオグループ(EXEO)と組み、埼玉県東松山市でソーラーシェア(営農型発電)を中心とした再生可能エネルギーの実証施設『リエネソーラーファーム東松山』を建設する。東急不動産はソーラーシェア発電所近隣に地域共生型再エネ施設を開業し、ソーラーシェアの普及を目指す。

発電所下部での営農イメージ発電所下部での営農イメージ

東急不動産はEXEOは、東松山市内でソーラーシェア事業を展開するため、ソーラーシェア事業実証パートナーシップ契約と工事請負契約を締結した。

両社は、効率的なソーラーシェア発電所開発・運営、最適な発電量を確保するための検証や作物生育データ収集・分析を通した収穫高や栽培品質に影響の少ない営農実証など様々な取組みを協業。ノウハウ獲得することで今後のソーラーシェア事業拡大と食料・農業の課題解決をめざす。

同事業では、次世代の太陽光発電事業と売電スキームの検証など次世代を担う再エネ事業と農業の実証実験プラットフォームを東急不動産が提供。様々な関係者と協働する参加型実証施設となる。

事業全体の概要事業全体の概要

【ReENE】

最新の記事

シンジェンタ右上長方形:SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る