おきなわ50年バナーPC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオサイエンスヘッドSP:ネマトリンエース
JA全中中央①PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

第1回全国トマト<ミディアム・ラージ>選手権開催 日本野菜ソムリエ協会2022年5月18日

一覧へ

日本野菜ソムリエ協会は、5月11日、最もおいしいミディアム・ラージトマトを選ぶ「第1回全国トマト(ミディアム・ラージ)選手権」を開いた。ラージ部門の「最高金賞」には、大阪府富田林市のアーバンファームASAOKAが出品した「昔懐かしい味のとまと」が決定。また、ミディアム部門では、新潟市の曽我農園が出品した「越冬トマト」が最高金賞に選ばれた。

ラージ部門最高金賞:昔懐かしい味のとまと・ミディアム部門最高金賞:越冬トマトラージ部門最高金賞:昔懐かしい味のとまと・ミディアム部門最高金賞:越冬トマト

日本野菜ソムリエ協会は、毎月1回「野菜ソムリエサミット」として、野菜ソムリエによる野菜・果物とその加工品の品評会を実施。今回は特別企画として、野菜ソムリエが最もおいしいミディアム・ラージトマトを選ぶ「第1回全国トマト(ミディアム・ラージ)選手権」を開催した。

同協会は、価値ある青果物や加工品を評価・認証し、広く世の中に発信することで、生産者を応援し、日本の農業の活性化をめざしている。同選手権には、全国各地から計30品のミディアム・ラージトマトがエントリー。評価員である野菜ソムリエたちが商品名や産地、生産者情報などは一切知らされずに食味し、その美味しさを相対評価で審査し、評価員全員の合計点数によって決定した。野菜ソムリエにより今、最もおいしいと選ばれたミディアムトマトとラージトマトは次の通り。

<ラージ部門>
◎最高金賞
昔懐かしい味のとまと
出品者: 株式会社アーバンファーム ASAOKA(大阪府富田林市)

〇金賞
大島トマト 特選ルビーのしずく
出品者:株式会社大島造船所 農産グループ(長崎県西海市)

〇銀賞
桃太郎ファイト
出品者:橋本農園(岡山県赤磐市)

〇銅賞
ぜいたくトマト(R)
出品者: 野口農園(茨城県つくばみらい市)

<ミディアム部門>
◎最高金賞
越冬トマト
出品者: 株式会社曽我農園(新潟県新潟市)

〇金賞
ぜいたくトマト(極み)
出品者: とまとや中村阮(兵庫県加古郡)

〇銀賞
大島トマト 特選ルビーのしずく
出品者:株式会社大島造船所 農産グループ(長崎県西海市)

〇銀賞
昔懐かしい味のとまと
出品者: 株式会社アーバンファーム ASAOKA(大阪府富田林市)

〇銅賞
瓦田こいとまと
出品者:瓦田(宮崎県日向市)

〇銅賞
あまえっこ
出品者:株式会社北海道興農社(北海道勇払郡)

〇特別賞
闇落ちとまと/株式会社曽我農園(新潟県新潟市)

〇入賞
・赤丸山口トマト/山口トマト園(愛知県大府市)
・Hapitoma/株式会社Happy Quality(静岡県浜松市)

最新の記事

シンジェンタ右上長方形:SP

みどり戦略

おきなわ50年バナーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る