2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCトップSP:育苗箱混合剤
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
FMCセンターSP:ベネビア®OD

埼玉・羽生の農業団地「チャレンジファーム」に5社目の進出が内定 アグリメディア2022年5月23日

一覧へ

農業ビジネスを展開するアグリメディアがコンサルタントとして参画する埼玉県羽生市の農業団地「チャレンジファーム」で、5社目となるHISファーマーズ(埼玉県蓮田市)の進出が内定。団地総面積24ヘクタールの6割程度が埋まり、野菜や果樹など収益性の高い作物を生産する企業が集積する一大エリアとして次世代型農業実践の場となる。

埼玉県羽生市の農業団地「チャレンジファーム」埼玉県羽生市の農業団地「チャレンジファーム」

チャレンジファームは2019年に開設。従来、水田が広がっていた土地だが、担い手の高齢化が進んでいたことから、羽生市が主導して「水田を畑地に変え、高収益な作物を生産する企業に貸し出す」プロジェクトが立ち上げられた。企業は農地中間管理機構を介した地権者との賃貸借契約で進出。アグリメディアは2018年からコンサルタントとして、企業誘致、プランニング、進出企業審査などを担っている。

農業団地という名の農業企業集積エリアは国内でも少なく、手探り状態の街開きだったが、農業求人サービス「あぐりナビ」の運営を通じて5000社を超す農業法人と取引があるアグリメディアのネットワークなどを活用して企業を誘致。これまでの進出済み企業の拡張計画や水面下の検討案件を踏まえると、団地24ヘクタールの貸出は目途が立ちつつあるという。

「チャレンジファーム」園内マップ「チャレンジファーム」園内マップ

最初に進出したケンゾー株式会社(埼玉県羽生市)は、スーパーマーケットやレストランを経営する地元企業で、イチゴの観光農園を軸にイチゴの加工販売などを手がけている。次に進出を決めた大手農業用資材メーカーの渡辺パイプ株式会社は、自社のハウス、システムを使ってイチゴを生産、ECサイトや近隣の直売所で販売。最も面積の広いポタジェガーデン株式会社(埼玉県羽生市)は、国内有数のハーブの生産法人で、イタリアン野菜などを大規模に栽培、ホームセンターなどと取り引している。また、大手建設用足場メーカーの株式会社タカミヤ(大阪市)は、足場の技術を生かした農業用ハウスの販売拡張につなげる目的で、自らキュウリやトマトの実証生産を開始。今回内定した旅行大手のエイチ・アイ・エスの子会社である株式会社HISファーマーズは、農業を新たな成長領域に定め、サツマイモやトウモロコシの生産を検討している。

最新の記事

NTT・ビオストック SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る