おきなわ50年バナーPC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドPS:バスタ液剤210125
JA全中中央①PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

野菜の魅力を体験「深谷テラス ヤサイな仲間たちファーム」29日にオープン2022年5月27日

一覧へ

キユーピーは5月29日、埼玉県深谷市が進めている「花園IC拠点整備プロジェクト」の一環として、野菜の魅力を体験できる複合型施設「深谷テラス ヤサイな仲間たちファーム」を開業する。

野菜の魅力を体験「深谷テラス ヤサイな仲間たちファーム」29日にオープン

「深谷テラス ヤサイな仲間たちファーム」は、キユーピーのある一人の従業員の「野菜の魅力を知ってもらいたい!もっと野菜を食べてほしい!」という思いから生まれた。2012年に社内公募制度で選出された新規ビジネス案が10年の歳月を経て、「野菜にときめく、好きになる!みんなの笑顔を育むファーム」というコンセプトを具現化する。

施設内では、いのちと彩りを感じられる「体験農園」や、食べ頃や食べ方が分かる・選べる「マルシェ」を実施。また、触って食べて五感で学べる「野菜教室」も行われる。さらに、旬の恵みに出会える・幸せになれるレストランもオープン。地産地消を提唱し、野菜の持ち味を生かし切る調理法に定評のある、オトワ・クリエーションの音羽和紀シェフと音羽創シェフが監修を担当した。両シェフからはオープンを前に、「深谷の素材の魅力を探り、野菜が持つ可能性を発見することに、わくわくして取り組んでいます。料理にとって愛情は欠かせないもの。大人も子どもも、来てくださる全てのお客さまの心と体が元気になるメニューを、このような思いを持って構想しています」とコメントが寄せられている。

「深谷テラス ヤサイな仲間たちファーム」の入園料は無料。開門は、平日・土日祝ともに9時。閉門は平日19時30分、土日祝は20時30分。マルシェは平日11時~19時、土日祝11時~20時。レストランは、平日・土日祝ともに11時~18時(LO17時30分)営業。

最新の記事

コルテバ・リンズコア右上長方形:SP

みどり戦略

おきなわ50年バナーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る