おきなわ50年バナーPC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCトップSP:育苗箱混合剤
JA全中中央①PC
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

JAかながわ西湘とコラボ 箱根で「曽我の梅湯」開催 元湯 森の湯2022年5月27日

一覧へ

箱根最大級の本格日帰り温泉 箱根小涌園 元湯 森の湯は、SDGsの取り組みの一環として、季節ごとに神奈川の旬とコラボした変わり風呂を開催。JAかながわ西湘の協力で、神奈川県西部の曽我の梅を使った「曽我の梅湯」を6月1日から開催する。また、開催を記念して、小田原牧場アイス工房と相互利用キャンペーンを行い、地元エリアの活性化を図る。

箱根小涌谷の「元湯 森の湯」箱根小涌谷の「元湯 森の湯」

元湯 森の湯は、「SDGsの観点から食品ロスを少しでも減らし、市場に出回らないものを最後まで有効活用するとともに、旬の地元名産品を広く知っていただくこと」を目的に、地元名産品コラボを定期的に行っており、今年に入って「湘南ゴールドの湯」「湘南潮彩レモンの湯」などの旬の変わり風呂を開催してきた。

使用する加工用の梅・曽我の青梅使用する加工用の梅(左)、曽我の青梅

今回の梅湯では、関東三大梅林に数えられる小田原の名所「曽我の梅林」の青梅が最盛期を迎える季節に、収穫の際にキズや色ムラなどが理由で市場に出回らない「加工用」と呼ばれる梅を使う。使用する梅は、小田原で誕生した品種で梅干しの最高品種として名高い「十郎」と、主に梅酒用の「白加賀」の2種類。湯から立ち上る香りは優しく華やかで、梅の成分により疲労回復効果や、抗酸化作用効果が期待できる。

さらに、曽我の梅林で人気のイタリアンジェラート店「小田原牧場アイス工房」とタイアップ。小田原牧場アイス工房の購入レシートを掲示すると、入浴が大人で通常1500円が800円に、子どもは通常1000円が500円になる。また、小田原牧場アイス工房では、元湯 森の湯を利用したレシートで曽我の梅の人気ジェラートをはじめ17種類のフレーバーから2種類が選べるジェラートダブルが通常450円のところ350円になる相互利用キャンペーンを開催する。

SDGsな地元名産品コラボ「曽我の梅湯」の開催は、6月30日まで。6月7、8、9日はメンテナンスのため休館。営業時間は11~22時(最終入館21時30分)。

最新の記事

コルテバ・リンズコア右上長方形:SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る