おきなわ50年バナーPC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドPS:バスタ液剤210125
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

商工農福連携ビジネスモデルの確立へ 新会社「八天堂ファーム」設立 八天堂HD2022年5月27日

一覧へ

八天堂ホールディングスは、「農福連携」を主力事業に「商工農福連携」のビジネスモデルの確立をめざす新会社「株式会社八天堂ファームを5月26日に設立した。

商工農福連携ビジネスモデルの確立へ 新会社「八天堂ファーム」設立 八天堂HD

同社が「商工農福連携」に取り組むのは、八天堂HD代表取締役の森光孝雅氏の福祉と農業に対する想いと使命感に始まる。森光氏は、事業を営む中で廃業の危機を経験した時期に、障がいを持つ子ども向けの「パン作り教室」で、喜ばれたことが何よりも励みになり、「食」を通して役に立てることに勇気づけられたという。また、くりーむパン事業を全国に展開する中で各地を訪れた際、高齢化で耕作が継続できない放棄地の増加や、収穫された生産物が様々な理由から出荷されずに廃棄されるなど、農業領域の課題に触れ、約5年前から福祉関連事業として就労支援や、農福連携に取り組んでいる。

事業イメージ事業イメージ

新会社ではこれまで培った経験を元に、民間企業として1次産業「農」と3次産業「商」を担いながら、2次産業「工」は八天堂や他メーカーと連携し、販売型プラットフォームを確立。「農福連携」に持続可能な利益循環構造を構築することをめざす。

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2022

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る