おきなわ50年バナーPC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオサイエンスヘッドSP:ネマトリンエース
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

パイナップル皮むき機"大助"など「FOOMA JAPAN」に出展 アストラ2022年5月27日

一覧へ

果物の皮むき機械メーカー、アストラは6月7日に東京・有明の東京ビッグサイトで開幕する「FOOMA JAPAN2022 国際食品工業展」に出展。パイナップル皮むき機「KA-751 大助」をはじめ、コンパクトサイズで好評の「KA-700H 瞬助」と工場向け「FAP-1001 匠助」を展示する。

パイナップル皮むき機「KA-751 大助」パイナップル皮むき機「KA-751 大助」

出展製品の「KA-751 大助」は、パイナップル、メロン、マンゴー、カボチャを素早くきれいに皮むきが可能な皮むき装置。歩留りは最大65%を実現し、国内大手スーパー向けカットフルーツ工場で生産量300%増の実績を達成した。また、コンパクトサイズで好評の「KA-700H 瞬助」は、リンゴ・キウイ・オレンジなど様々な果物を1個4~10秒で皮むきが可能。歩留まりもよく、形がいびつなB級品でもきれいにむける。処理速度は1時間で400個、包丁では30秒ほどかかる皮むきが10分の1に短縮でき、むけばむくほど効率が上がったと好評だ。

コンパクトサイズで好評の「KA-700H 瞬助」コンパクトサイズで好評の「KA-700H 瞬助」

一方、大量生産に特化した皮むき装置「FAP-1001 匠助」は、自動排出機能により1時間で1200個の処理性能を実現。変形したリンゴもきれいに皮がむける。山梨県、山形県の洋菓子向けリンゴ加工場では月に最大100トンの生産に貢献している。「FOOMA JAPAN 2022 国際食品工業展」は6月7日~10日の10時~17時開催。

大量生産工場向け「FAP-1001 匠助」大量生産工場向け「FAP-1001 匠助」

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2022

みどり戦略

おきなわ50年バナーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る