2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオサイエンスヘッドSP:ネマトリンエース
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
FMCセンターSP:ベネビア®OD

雹被害の生産者を支援 埼玉県のとうもろこし3万本を緊急販売 オイシックス2022年6月17日

一覧へ

食品のサブスクリプションサービスを提供するオイシックス・ラ・大地が展開するOisixは、6月上旬のひょうによる被害を受け、被災した埼玉県深谷市の生産者が作ったとうもろこしを、6月16日から販売している。

ひょうによる被害を受けたとうもろこしひょうによる被害を受けたとうもろこし

特別災害に指定された埼玉県内の降ひょうによる被害は、とうもろこし、小麦、ねぎなど農作物と、なし、梅などの果樹、またビニールハウスなどの施設にも及んでいる。被害が大きかった深谷市の農家、松本弘さんのとうもろこしは、出荷直前の圃場全体にひょうの被害が発生。ひょうが当たった部分の傷みは時間の経過とともに悪くなる可能性があるため、いち早く出荷する必要がある。

Oisixは、この降ひょう被害を受け、被災した生産者へのお見舞いと復旧支援を目的として支援販売を開始。収穫後、見た目の一部に傷がついていても、実はおいしくいただける状態のものを検品した上で届ける。

深谷市のとうもろこし生産者の松本さん深谷市のとうもろこし生産者の松本さん

とうもろこしの生産者の松本さんは「6月2日、埼玉県にひょうが降り、今シーズンはとうもろこし(味来)が多大な被害を受けてしまった。ここまで美味しく育ったとうもろこしをなんとか皆様に味わっていただくため、スタッフと出荷前にしっかり検品を行った上でお届けします」と話している。とうもろこし(埼玉県産)は1本で461円(5%割引)、2本894円(8%割引)、3本1312円(10%割引)。

最新の記事

シンジェンタ右上長方形:SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る