おきなわ50年バナーPC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ナリアWDG
FMCセンターPC:ベネビア®OD
JA全中中央SP

日本酒を進化 実験的プロジェクト第2弾「Gekkeikan Studio no.2」発売 月桂冠2022年6月21日

一覧へ

月桂冠は6月20日、実験的な日本酒を、試作段階で商品化するプロジェクト「Gekkeikan Studio」の第2弾となる「Gekkeikan Studio no.2」(720mLびん)を直営サイト「月桂冠オンラインショップ 本店」と「月桂冠大倉記念館」(京都市伏見区)の売店で、計400本限定で発売した。

Gekkeikan Studio no.2Gekkeikan Studio no.2

「Gekkeikan Studio no.2」は、桃やプラムのコンポートのような香りと複雑で深い味わいが特長で、とろりと滴る濃密な舌ざわりを楽しめる。アルコール分はそのままに、おいしさを濃縮し、とろみ成分をびんの中にぎゅっと詰め込んだ。研究員のひらめきとアイデアで、多くの工程を経て生まれた今までにない日本酒に仕上がった。

「Gekkeikan Studio」シリーズは、研究開発により実験的に生み出される日本酒を試作の段階で消費者と共有し、日本酒の新たな可能性を味わいながら、その声を次の商品開発に反映させることで、日本酒の未来を発見し進化させるプロジェクト。昨年12月に発売した第1弾の「Gekkeikan Studio no.1」は、「月桂冠オンラインショップ 本店」と「月桂冠大倉記念館」での発売に先駆け、応援購入サービス「Makuake」で予約を受け付けたところ、開始からわずか2時間で目標金額を達成。5日目には同サイトでの販売予定数300セットを完売するなど、大きな反響を呼んだ。

シリーズ全体を通して、ラベルの正面を1枚のキャンバスに見立て、お酒の味わいをイメージした意匠を描いたパッケージ。「no.2」では、果実をイメージする丸い模様を配したデザインとし、丸い模様のつながりにより、濃密でとろりとしたお酒であることを表現している。背面は、研究所の試験管に貼られたシールのようの、商品判別のための記号化されたラベルをイメージ。第2弾の商品を示す「no.2」の文字は手書き風で、消費者が開発メンバーの一人として参加しているような雰囲気を楽しんでほしいという意図を込めた。3500円(税込)。

【月桂冠オンラインショップ 本店】

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2022

みどり戦略

おきなわ50年バナーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る