2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ナリアWDG
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
FMCセンターSP:ベネビア®OD

「深煎りごまドレッシング」大容量600mlを新発売 キユーピー2022年7月6日

一覧へ

キユーピーは、「キユーピー 深煎りごまドレッシング」の新容量600mlを新発売。​8月18日から全国に出荷する。

蒸し料理や鍋物のつけだれにも蒸し料理や鍋物のつけだれにも

深煎りごまドレッシングは、すりたてごまの香りとコク深い味わいが特徴のドレッシング。2000年に発売され、2002年以降20年間連続でドレッシング単品の国内シェア1位と幅広い世代から支持されている。同社は、容量ラインアップの拡充を機に、1本でさまざまな料理に使える汎用調味料としての提案を強化する。

ドレッシング市場はコロナ下の内食需要の高まりを受けて拡大傾向にあり、特に400ml以上の大容量帯が伸びている。また、同社の調べによると、市販用ドレッシングの使用実態調査から、コロナ前の2019年に比べ、2021年は使用頻度の増加した。

「深煎りごまドレッシング」(600ml)「深煎りごまドレッシング」(600ml)

中でも「深煎りごまドレッシング」は汎用性が高く、同社の調査によると年々サラダ以外のメニューに使われるシーンが増加。こうした背景から、既存の180ml、380ml、スティックタイプに加え、普段のサラダにたっぷり使えて、1本でサラダ以外のメニューにも幅広く使える、新容量600mlを新たに発売する。

「深煎りごまドレッシング」は、冷奴、豚しゃぶ、うどんなど、「かける」メニューを中心に用途が多く、同社は、蒸し料理や鍋物のたれ使いとして、秋冬に向けて「つける」メニューの提案を強化していく。「深煎りごまドレッシング」(600ml)は、778円(税込)。

最新の記事

シンジェンタ右上長方形:SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る