人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
日本曹達 231012 PC
JA全中中央SP

"幻のすいか"など旬の幸を提供「北海道産レア食材企画」実施中 産地直送センター2022年7月28日

一覧へ

北海道特産品産直販売のパイオニア、北海道産地直送センターは7月26日~9月10日、直営ECサイト「産地直送センター」で、"北海道産レア食材企画"を展開している。

北海道産地直送センターは、創業以来約20年にわたり独自の仕入れルーで生産から売場へ直送販売する「産地直送」事業を展開。経験豊富な"味の目利き"職人が、生産者の声などとともに北海道の旬の食材を売場に直接届け、店舗や飲食関連施設を中心に支持されている。コロナ禍においては、北海道各地の⽣産者からの多くの相談に応え、⽣産者の⾷材を直営EC サイト「産地直送センター」で販売する⽣産者応援企画を2020年から定期的に展開している。

今回は、北海道から今が旬で希少価値の高い食材を厳選。夏の代表食材であるスイカは、100玉限定で、果肉がオレンジ色の「サマーオレンジスイカ」を用意。収穫時期も8月上旬までと短く、育成が難しい品種で生産農家が少ないことから、"幻のスイカ"と呼ばれている。外見は通常のスイカと変わらないため、カットした際に鮮やかなオレンジ色の果実が現れるサプライズは、ギフトとしてもおすすめ。

また、さくらんぼの産地としては日本最北の果樹園で生産された、希少価値の高い黄色さくらんぼ「月山錦」と、鮮やかな紅色の「紅秀峰」、さらに両種のセットも各50箱限定で用意。収穫時期も8月上旬までと短く、今年さくらんぼを楽しめるのも、これが最後のチャンスとなる。

さらに、夏の北海道の代表食材として、北海道岩内郡共和町で育てられ、今年の初競りで2玉30万円の高額で取引されるブランドスイカ「らいでんスイカ」や、白いとうもろこし「雪の妖精」、大型で甘い希少品種の黄色とうもろこし「おおもの」、"夏採り"の「小松さんちの朝摘みアスパラ」など、今が旬の北海道野菜を多数そろえている。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る