2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:サンケイコテツベイト
JA全中中央①PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

北海道ロジサービス「2022年度ロジスティクス大賞」受賞 コープさっぽろ2022年8月9日

一覧へ

生活協同組合コープさっぽろの関連会社で北海道ロジサービス(HLS)と、株式会社TSUNAGUTEは、日本ロジスティクスシステム協会が主催する「2022年度ロジスティクス大賞」で、「ロジスティクス大賞」を受賞。製・配・販・輸送をつなげ、日本初の滑らかな物流DXを実現したことが評価された。

北海道ロジサービス北海道ロジサービス

北海道ロジサービスは、道内107店舗の運営と宅配事業を展開しているコープさっぽろの物流を一手に担い、道内全域で190万人の組合員に支えられている。

両社は、コープさっぽろに納品している加工食品、飲料、菓子メーカー約400社、卸商8社、道内輸送事業者約20社を対象に、これまで寸断されていた各社の物流情報をクラウド型共通システムに活用することで、納品伝票を統一。また、電子受領と製・配・販・輸送の関係者への情報連携、可視化を非常に大きな規模で実現している。

深刻な労働力不足に見舞われている物流業界。特に"物流2024年問題"は深刻で、ドライバー不足が注目されるが、物流現場では数多くの「非効率」が存在している。特に、納品書に代表される紙による旧態依然の運用は多くのムリ・ムダが現場で発生。伝票の所有者は、それを扱う現場まで考慮せず、実際の管理や、携わっているドライバー、事務作業員が伝票処理・付帯作業に多くの労力を日々かけている。

今回の受賞にあたっては、400社以上を巻き込んだ取り組み内容の規模やその成果に加え、問題解決に向けた努力面と、得られた成果がもたらす経営面、社会面の革新度、波及効果などが高く評価された。

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る