秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

発酵と醸造食品に関する専門展示会「国際発酵・醸造食品産業展」29日から開催2022年11月24日

一覧へ

TSO Internationalは11月29日〜12月1日、話題の発酵・醸造に関わるあらゆる食材、素材、製造設備、検査機器、研究機器、パッケージ製品を集めた専門展「第1回国際発酵・醸造食品産業展」を東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催する。

発酵と醸造食品に関する専門展示会「国際発酵・醸造食品産業展」29日から開催

同展示会には、日本全国から発酵食品・醸造飲料の素材や原料、製造設備や加工機器、研究開発・試験機器など、多彩な製品やサービスを取り扱う有力企業約250社が集結。10月からの入国規制の緩和と、日本独自の発酵文化への関心から、海外からの来場登録も増えており、世界へ向けて最新の製品とトレンドを発信する場となる。さらに、健康食品やサステナブルフードなどを展示する関連性の高い専門展も同時開催し、3日間で計2万人以上の来場者を見込んでいる。

注目のワイン&クラフトビールパビリオンは、全国各地から個性豊かなクラフトビール・地ビール、輸入ワイン・国内醸造ワインが集まり、試飲など飲み比べも可能。また、HACCP(ハサップ)・感染対策ゾーンでは、食品衛生法改正によって2021年6月から完全義務化されたHACCPに関する製造現場の衛生・感染対策の課題を解決する製品・サービスが一堂に集まる。さらに、最新の麹菌や発酵食品、栄養学や乳酸菌などによる腸内環境などに関する今話題のセミナーを計30以上開催する。入場料は2000円(税込)。事前登録者、招待券持参者は無料。

【第1回 国際発酵・醸造食品産業展】

【開催セミナー一覧】

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る