秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオヘッドSP:ネマトリンエース
FMCプレバソンPC
JA全中中央SP

品川区・ワーカーズコープと連携 困窮世帯へパルシステム商品を提供 パルシステム2022年11月30日

一覧へ

パルシステム東京は、品川区「しあわせ食卓事業」の食材提供に協力し、ひとり親家庭など希望のあった420世帯にパルシステム商品や産直米を届ける。品川区、ワーカーズコープとの連携により、国産・産直商品でくらしを応援する。

提供される特別栽培の産直米「エコ・秋田あきたこまち(無洗米)3kg」提供される特別栽培の産直米「エコ・秋田あきたこまち(無洗米)3kg」

パルシステム商品や産直米は、品川区がふるさと納税制度を活用したクラウドファンディングを募って実施する「しあわせ食卓事業」により提供。区内のひとり親家庭などで希望のあった420世帯へ食品を10月と3月に届ける。

パルシステム東京は商品代金の一部を負担し、集まった善意の募金で配付用の食品を調達。食品調達や箱詰め、発送作業は、ワーカーズコープ連合会センター事業団が品川区から請け負う。同事業を担当するワーカーズコープの加藤陽子さんは、自身もひとり親で、食品の調達に当たり「自分が困った時にもらって本当に嬉しいのは、安心・安全な食べ物です」と話している。食品の箱詰め作業は、品川区の「子ども若者フリースペース」を利用する若者たちが担当。助け合いの輪への参加により、自信を取り戻す一歩を応援する。

箱詰め作業を担当する品川区「子ども若者フリースペース」の若者箱詰め作業を担当する品川区「子ども若者フリースペース」の若者

最新の記事

右上長方形:Z-GIS・SP

みどり戦略

DiSC:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

住友化学右正方形SP:2023

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る