秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCヘッドSP:エクシレルりんご
JA全中中央①PC
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

「てまえどり」が新語・流行語大賞トップ10入り 次は「食べきり」を 野村農相2022年12月2日

一覧へ

食品ロス削減につながる行動として、商品棚の手前の商品を選ぶ「てまえどり」が、今年の「現代用語の基礎知識 選 ユーキャン新語・流行語大賞」トップ10に選ばれたことについて、野村哲郎農相は12月2日の閣議後会見で、「関係団体の努力などによる大きな成果」としたうえで、会食の機会が増える年末年始に向けて、「これからは料理を食べきる『食べきり』を広めたい」と述べ、全国キャンペーンへの協力を呼び掛けた。

「てまえどり」は、消費者が食品を購入してすぐ食べる場合、商品棚の手前にある販売期限の迫った商品を積極的に選んで食品ロスを削減しようという取り組み。平成30年から生活協同組合コープこうべと神戸市がキャンペーンを実施し、昨年6月には農水省や日本フランチャイズチェーン協会などが共同で啓発物を作って呼びかけるなど官民一体による取り組みが広がっている。

この「てまえどり」が、このほど発表された今年の「現代用語の基礎知識 選 ユーキャン新語・流行語大賞」トップ10に選ばれた。食品ロス関係の言葉としては初めて選ばれたという。

これについて野村農相は「関係団体、事業者の努力と多くの消費者の理解や協力に支えられた大きな成果と考えており、改めて御礼を申し上げる」と述べた。

また、これから会食をする機会が増える年末年始を前に、「農水省としては『てまえどり』に加えて『食べきり』の言葉も広めたい。関係省庁と連携して全国キャンペーンを実施しているので、食品事業者と消費者に改めてご理解ご協力を呼びかけたい」と述べ、料理を食べきる取り組みへの協力も呼びかけた。

農水省は、消費者庁や環境省などと連携し、今月から来年1月まで、「おいしい食べきり」全国共同キャンペーンを実施、外食時の適量注文による食べきりや、テイクアウト時の適量購入、家庭での食べきりを呼び掛けている。

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

クミアイ化学右カラムSP

注目のテーマ

注目のテーマ

住友化学右正方形SP:2023

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る