人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
日本曹達 231012 SP

延岡市、北浦町農業公社と連携協定「ワークロイド」で農業分野へ進出 テムザック2022年12月16日

一覧へ

テムザック(京都府京都市)は12月15日、宮崎県延岡市、一般財団法人 北浦町農業公社(延岡市北浦町)と、ワークロイドを活用した米作りおよび米粉の生産に関する研究開発等に取り組むため連携・協定に関する協定を締結。同市と地域事業者と連携を図り、それぞれの持つノウハウや資源を活用することで、農業従事者の減少や高齢化、耕作放棄地増加などの課題解決と持続可能な農業の実現に向けて取り組む。

延岡市、北浦町農業公社と連携協定「ワークロイド」で農業分野へ進出 テムザック

テムザックは、医療・介護・災害救助・建設・鉄道など人手不足の業界で、産業用ロボットでもなく、コミュニケーションロボットでもない、人と共存しながらより実用的な業務を遂行する働くロボット"ワークロイド"を開発。今回の協定を機に、新たに農業分野のワークロイド開発に乗り出す。2022年度中にテムザックの新たな開発拠点を延岡市に新設して本格始動を予定している。

2023年度から取り組み開始予定のテムザックの直播栽培2023年度から取り組み開始予定のテムザックの直播栽培

農業における担い手の減少、高齢化による労働力不足は深刻で、10年後、20年後はさらなる危機的状況となることが考えられることから、より少人数で生産性を上げるための技術革新が求められる。延岡市でも、農業分野における人手不足に伴って今後「耕作放棄地」が増えることが予想されており、ロボット技術により、今よりはるかに少ない労力で農業・稲作ができる仕組みづくりを目指している。

今回の連携では、ワークロイドを活用した米作り、と米粉の生産に関する研究開発や、地域の様々な課題解決や地域の持続的発展に寄与する公民連携の促進に必要な事項について協力を図る。

取り組みの展望取り組みの展望

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る