人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
FMCセンターPC:ベネビア®OD
日本曹達 231012 SP

生鮮野菜を価格予測 AIコンペティションを定期開催 Nishika2023年1月5日

一覧へ

データ分析コンペティションを中心としたプラットフォーム「Nishika」を運営するNishika株式会社は、新たなコンペティションとして、「生鮮野菜の価格予測 2022冬」を開催。同コンペは、2022年6~8月の「生鮮野菜価格予測」を、データを更新して開かれ、今回は定期開催の第一弾。今後、四半期に一度程度を目処に定期的に開催を予定している。

野菜は季節や台風などによって生産量が大きく変わり、価格変動が激しい。また、自然災害の影響による品薄がニュースになったり、レタスの値段が上がっていたことが家庭内で話題になったりと、生鮮野菜の価格は最も身近に感じる相場変動といえる。

生鮮野菜を価格予測 AIコンペティションを定期開催 Nishika

同コンペのテーマは、生鮮野菜の価格予測。目的変数は、大田市場で相対取引されている各野菜の日次の卸売価格で、予測期間は2022年11月としている。予測対象の野菜は、だいこん、にんじん、キャベツ、レタス、はくさい、ほうれんそう、ねぎ、きゅうり、かぼちゃ、トマト、ピーマン、さつまいも、さといも、たまねぎ、なましいたけ、ミニトマトの16品目。

時系列予測という難しいタスクだが、例えば、今回併せて配布する天候データを用いると、予測精度を向上させることができる野菜もあり、分析す中で、野菜ごとに異なる特徴が見えてくる面白さもある。

重要な記事

240425バサグラン・エアーCP_SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る