秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
JA全中中央①PC
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

食と農の町・宮崎県新富町で起業型の地域おこし協力隊 募集動画を公開 こゆ財団2023年1月25日

一覧へ

こゆ地域づくり推進機構(こゆ財団)は、宮崎県新富町から活動支援を受託する地域おこし協力隊の採用強化のため、現役の地域おこし協力隊員のインタビューを収録したPR動画をYouTubeチャンネルで公開した。地域の課題解決や自己実現のため新富町へ移住し、新規事業創出の担い手となる人財を広く募集している。

食と農の町・宮崎県新富町で起業型の地域おこし協力隊 募集動画を公開 こゆ財団

人口1万6500人の食と農の町である宮崎県新富町は、野菜や畜産の生産だけでなく、農業ロボットのベンチャー企業の誕生や先進的な農業実証拠点の整備でも話題を集めている。一方、宮崎県初のJリーグ参入を果たしたサッカークラブ「テゲバジャーロ宮崎」のホームスタジアム完成から県フットボールセンターの整備も進み、今後サッカーでの交流人口増加も見込まれている。

新富町では、2017年に新富町役場が設立した地域商社こゆ財団の誕生をきっかけに、町内外の多様な人材が新しい事業づくりにチャレンジしている。地域おこし協力隊の活動を支援するこゆ財団には、これまでに10人以上が着任。なかでも起業を志して飛び込んだ現役メンバーは、パーソナルトレーナーやカメラマンなど、多彩なキャリアを構築中で、すでに農産物の加工品を商品化したり、空き店舗を活用したジムや写真館の運営などを実現している。

今回のメッセージ動画では、地域おこし協力隊の現役隊員3人がその活動についてリアルに語っている。

【地域おこし協力隊募集中】

最新の記事

右上長方形:NTTアドSP

みどり戦略

DiSC:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

住友化学右正方形SP:2023

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る