人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
FMCプレバソンPC
JA全中中央SP

食品値上げ「2万品目」突破 バブル期以降最高ペース 鶏卵高騰など影響 帝国データバンク2023年4月18日

一覧へ

今年の食品の値上げは2万品目を突破し、昨年を上回り、バブル期以降、最高のペースとなっていることが帝国データバンクがまとめた「食品主要195社価格改定動向調査」で分かった。鶏卵の価格高騰をはじめさまざまな原料の値上げが影響しているといい、同社は今年秋には3万品目に達する可能性があるとみている。

食品値上げ2万品目 帝国データバンク.jpg帝国データバンクの公表資料より

同社によると、家庭用を中心とした飲食料品の値上げ品目数は、4月18日までに累計2万3品目に上った。昨年は2万品目に達したのが7月だったが、3か月早く到達した。

同社の担当者によると、特に小麦粉、卵などの原料に電力など経費がかさむ冷凍食品をはじめ、水産物の缶詰や即席めんなど加工食品で値上げが目立っているという。さらに同社の調査では、今年5月に793品目、6月に2859品目の値上げがすでに予定されている。鳥インフルエンザの影響で価格が高騰している鶏卵をはじめ、不作が続いている海苔製品、削り節などのだし製品など多岐にわたる食品が含まれているという。

同社担当者は、「例えば特定分野で一斉に値上げとなるケースはあったが、これほど全体的に値上げとなるには過去にもあまり見当たらないのではないか」と話している。値上げペースは昨年に続いて高水準で推移しており、このペースが続けばバブル期以降では初めて秋にも3万品目に達する可能性があるとしている。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る