人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
JA全中中央①PC
FMCプレバソンSP

「卵メニュー」外食大手3割で休止続く 鶏卵不足の長期化見据えた対応も 帝国データバンク2023年5月10日

一覧へ

鳥インフルエンザの影響で卵の高騰や供給不足が続く中、帝国データバンクが外食大手100社を対象に行った調査で、「卵メニューの休止・休売」に踏み切る企業は全体の約3割に上り、依然として影響が続いている。一方で、鶏卵不足の長期化を見据えて、代替メニュー開発や輸入卵の活用検討など、いわゆる「エッグショック」に対して企業が幅広く対応する動きも出ている。

卵メニュー中止が今も3割 帝国データバンク資料.jpg帝国データバンクのリポートより

同社の調査によると、5月8日時点で卵メニューの休止・休売に踏み切るか表明した企業は少なくとも29社に上り、前月より新たに1社増えた。

休止の動きは、主にファミリーレストランを中心に比較的安価なメニューが多いフランチャイズチェーンに集中しているといい、鶏卵メニューへの依存度が低い高級料理店や居酒屋などでは提供が続く傾向がみられている。しかし、そうした中でも、鶏卵メニューの値下げに踏み切るケースもあり、鶏卵の調達ルートや在庫量などによって対応が二極化する傾向もみられるという。

一方で、鶏卵価格が高止まりし、鳥インフルエンザの感染拡大による供給不足が長期化することを見据えた対応も広がっている。親子丼を焼き鳥丼にしたり、茶碗蒸しを豆腐に替えるなど代替メニューを開発する動きや、ブラジルから加工用殻付き卵の輸入が始まったことで、セントラルキッチン方式で料理を提供する大手会社で導入を検討する動きも見られるという。

帝国データバンクの担当者は「鶏卵が入手しにくい状態が長期化することがほぼ確実である中で、各社が対応に迫られている。メニュー自体を取りやめるか、代替メニューにするか、輸入卵を活用するかなどいくつかの選択肢から、企業が調達力などの事情に応じて対応する動きが当面続くのではないか」と話している。

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る